音声データのノイズを削除する便利なソフト

こんにちは、AKIRAです。

前回テープ起こしライターが持っておくべきものの紹介をしましたが、今回は持っておくと便利なものを紹介しします。

それが、ノイズ除去ソフトです。

送られてくる音声データの中にはノイズがかなりあって、正確に聴き取りができないものもあります。

そんな時、一生懸命聴き取るのも良いですが、ノイズ除去ソフトがあるととても楽です。

雑音をソフト内で除去ができるので、音声がクリアになり、話し声が聴き取りやすくなるのです。

ただし、テープ起こし用ではなく、あくまで音楽用のソフトになりますので、そこだけは仕方ないですね。

まずお勧めしたいのはAudacity(オーダシティ)です。

無料で使える音楽編集ソフトなんですが、初心者でも使いやすいので無料のノイズ除去ソフトの中でも支持されているものです。

MP3やWAVに対応していないソフトもまだまだ多い中でAudacityは両方に対応しているので、送られてきたデータをそのままAudacityに取り込んでノイズ除去ができます。

除去した音声データはそのまま書き出すことができるので、作業に支障をきたすことがありません。

次に紹介したいのはSound Engine(サウンドエンジン)です。

これはエフェクトがとても多いソフトですが、ノイズ除去に使用できるのは「ノイズサプレッサー」と「ノイズゲート」の2つです。

ノイズの種類の中にはヒスノイズというものがあります。よく聴く「サー」っていうあれです。

このノイズを削除するのに役に立つのがノイズサプレッサーです。対してノイズゲートは、会話の間に挟まっている小さなノイズを消すのに役に立つものです。

ノイズの種類によって使い分けができるのがSound Engineの良さです。

また、グラフィックEQ(イコライザー)を使用する事で全体にエフェクトをかけて音がこもらないようにする事ができます。

ノイズは高音質をカットする事で消すことができますので、ソフトをいじって一番聴き取りやすい状態にできます。

音にこだわり、よりクリアに聴き取りたい場合はおすすめです。

このように必須ではないにしても、あると便利なものはたくさんあります。

テープ起こしはただ、文字起こしをするだけではなく、自分の作業環境を整える事も仕事の内なのです。